ガウディの色を求めて。。。

自宅のアナベルが緑色に色づいてきました❣

そろそろ収穫時かな。。。。

雨に濡れて、多肉たちも気持ち良さそう。。先日、多肉が枯れるのは運気がないからと言われ。。。昔はカラカラに枯らしていた自分を振り返る。。。

こんな元気がいいなら、ちょっとは運気戻って来たかな!?

少し前に見たテレビで、ガウディのサグラダ・ファミリアが完成間近との事。しかも、内部の構成についてまで説明していたのですが、サグラダ・ファミリアの内部はガウディの芸術品の集大成。どのような構想で作られていたのか検証が行われてきたようですが、ついに判明したとの事。

ガウディが求めていたのは自然界の色、色、色。。。人間の作ったものには境界線がある。でも、自然界の作ったものは境界線が無い。違う緑が混ざって一つの森になっているように。美しい夕焼けが様々な色で出きているように。

多肉を見ていても、そこに色の境界線はなく、ただそこにある美しさ。。。一つの色でないのに一つに見えるその色こそがガウディの求めていたもの。。。

展示場の植物も様々な色に溢れています。でも、違う緑と違う緑が境界線なく共存しているから、私たちは美しいと感じるのかもしれません。

お庭では、カフェも出来ます☆是非、ちょっと天才芸術家の考える美しさとは。。。なんて思いを馳せながらお茶はいかがですか??

本日もお読みいただきありがとうございました♡

関連記事

BLOG_category

最近のコメント

    2019年7月
    « 6月   8月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
    PAGE TOP